FXトレード

MQL4のインストールの仕方

ざっくり言うと
  • Meta Trader4「Windows版」をインストールしましょう
  • 口座情報のメモを取りましょう
  • FXとバイナリーオプションで使用します

※1 当ブログは利益を保証するものではございません。
※2 下記の投稿は、投資雑記のために記載しています。

MT4のインストールの仕方

MT4をインストールする手順を記載します。
使用するのは「FXDD」のMT4とします。

ダウンロード前に

推奨パソコンスペックですが、以下のパソコンで使用することをオススメ致します。

CPU:Cora i5以上
メモリ:4GB以上
SSD:120GB以上

MT4の手動インストール

下記の「ダウンロードはこちら」をクリックして、Meta Trader4の「Windows版をクリックしてダウンロードをしてください。

※Meta Trader5ではありません。

→ ダウンロードはこちら

ダウンロードができましたら、「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」というような表示がされた場合、「はい」をクリックしてインストールを開始してください。

 

「次へ」をクリックしてください。

 

「完了」をクリックしてください。

 

インストール完了後は、上記の画像のようにディスクトップにショートカットされますのでMT4を起動してください。

 

口座申請画面が自動で表示されますので、「FXDD-MT4 Demo Server」を選択して、「次へ」をクリックしてください。

 

口座申請画面が表示されない場合は、MT4上の「ファイル」から「デモ口座申請」をクリックしてください。

 

「名前」「E・メール」「電話番号」を入力してください。
「貴社からのニュースレターに受取り同意します。」にチャックを付けて、「次へ」をクリックしてください。

 

サーバーが「FXDD-MT4 Demo Server」になっているか確認をして、「ログインID」「パスワード」「パートナー」を忘れないように控えておきましょう。

確認後、「完了」をクリックすると自動でログインできます。

 

「635/7kb」というような感じで、MT4画面の右下に数字が表示されます。
起動できている証拠なので安心してご利用できます。

「無効な口座」や「コモンエラー」と表示されている場合は、デモ口座のログイン情報に誤りがありますので、再度ご確認ください。

なお、取引に利用したい通貨ペアは右上の「ファイル」から「新規チャート」を選択してMQL4画面に挿入してください。

MQL4が重い場合の対処方法

MQL4が重い場合の処理方法は、ネットでググれば色々出てきます。

ここでは、最も簡単な処理方法として、「表示されているチャートを減らす」方法をご説明します。

MQL4が重い場合(表示されているチャートを減らす)

 

MT4で読み込めるデータの上限値を最大になっていると重くなってしまいがちです。
MT4の「ツール」→「オプション」を開きます。

 

「チャート」タブ の「ヒストリー内の最大バー数」「チャートの最大バー数」に「3000」を入力して、「OK」をクリックします。

※ 次回、設定画面を開くと、バー数が「3000」になっているかと思います。

ここまで完了したら、MT4を再起動します。
設定を反映させる再起動のため、必ず再起動を行ってください。

それでもMQL4が重く解決しない場合の対処方法

使用していない通貨ペア(気配値)は非表示にしましょう。

やり方としては、MQL4画面の「表示」から「通貨ペアリスト」をクリックしてください。
多くの通貨ペアが出てきますので、使用していない通貨ペアを非表示に設定します。

その他、様々なやり方がありますが、下記の通り引用ページを参考にしてください。

見出しの「MT4内部の設定をかるくしてみよう!」から見て設定していただければ基本的には解決します。

解決しない場合は、使用しているパソコンのスペックなどの原因も考えられます。
既存のパソコンのスペックを上げるか買い替えを検討してみてください。